ドライフラワーの作り方 長く楽しむためのコツなど まとめ18動画

Q&A

・この花はドライフラワーになりますか?
・何日間ぐらいでドライになりますか?
・ドライにしやすい花はどんなのですか?
・シリカゲルって実際どうなんですか?
・気づいたらカビが生えてました・・・

などなどドライフラワーに関する質問は、花屋に勤めていた頃からよく聞かれた質問です。

作りこんだものではなく、天然素材だからこその難しさや気づきがドライにはあるのだと思いますし、だからこそお悩みもまた多いのでしょう。

私もドライフラワーが好きなので、レッスン生だった頃は余った花をドライにして楽しんだり、市場から仕入れた花を乾かして趣味で作ったり、現在は販売用でたまに制作をしたりしています。

近年人気のドライフラワー、よくある質問にお答えする形で1分のショート動画にまとめました。気になるものからご覧ください^^


~お花が大好きなあなたへ贈る~
アーティフィシャルフラワー教室
coco Fleurage
LINE公式アカウント
ご質問もお気軽に♪
1:1トークができるようになります

何日間ぐらいでドライになりますか?

フレッシュからドライになるまでの期間や目安、乾いたかどうかの確認方法についてまとめています。

 

きれいなドライにするにはどうしたらいい?

ドライにするベストなタイミングについて、生花の開花具合などから判断ポイントをまとめています。

 

ドライフラワーに向く花ってどんなの?

ドライフラワーになる花とならない花、その見極め方を簡単に解説しています。

 

ドライフラワーに適した季節とは?

ドライフラワーを最も長くきれいに楽しめるベストシーズンについてまとめています。

 

ドライフラワーの作り方3選

自家製ドライフラワーの作り方について、代表的なものを3つまとめて紹介しています。

 

吊すだけのハンギング法、メリットデメリット

誰でも簡単にできる、花を逆さまに吊して乾かす方法についてメリット&デメリットをまとめました。

 

きれいに乾くシリカゲル法、メリットデメリット

乾燥剤(シリカゲル)を使ってドライフラワーを作るメリット&デメリットについて解説しています。

 

パラパラ落るのが残念、その予防と対策は?

ドライフラワーがポロポロ落ちるというお悩みに、予防法と解決策をお話しています。

 

ドライフラワーが苦手な3つの環境とは?

こんな環境はドライにとってしんどいです!3大悪条件についてまとめました。

 

夏のドライフラワー、こんなことに気をつけて

高温多湿な日本の夏、ドライアレンジを作るなら気をつけたい花選びと制作過程について解説しています。

 

自家製ドライにカビ!そんなときは?

去年作ったドライフラワー、夏を越したら色褪せやカビが発生!というお悩みに、直球でお答えしています。

 

長くきれいに楽しみたい、飾り方とお手入れ方法

ドライフラワーを長くきれいに楽しむために、適した環境とお手入れ方法についてまとめています。

 

ドライフラワーはどのぐらい持ちますか?

茶色くなったドライはただの枯れた花!?みすぼらしくさせないための心構えについてお話しています。

 

ドライフラワーアレンジ、素敵に作る2つのコツ

生花とドライ、決定的にちがうのは水分量。それを踏まえた制作ポイントを2つに絞ってお伝えしています。

 

ドライのリース、きれいな形をキープするコツ

ドライになる花でリースを作ったら、きれいな形にするためには我慢が必要。その理由について解説しています。

 

アレンジ必需品のあじさい、ドライに適した品種3選

どんなアレンジでも役に立つ紫陽花。ドライフラワーにしやすい品種を3つご紹介しています。

 

紫陽花のドライ、一手間かけて素敵なアレンジに

ドライになった紫陽花、アレンジ前にちょっと一手間加えるだけで美しい作品になります。簡単なコツを紹介。

 

仕入先(株)東京堂ドライフラワーコーナー紹介

花材仕入先の東京堂さんでは、ドライフラワー専門のフロアがあります。自然の恵みが広がる空間をを、ココフル目線でカメラに収めてきました。(掲載許可済)

 

いかがでしたか?
今までの経験上で、お客様からよく聞かれた質問や生徒様のお声などを中心に一覧にまとめました。お役に立てれば幸いです。
他にも質問やお悩みなどありましたら、各動画のコメント欄からメッセージくださいね^^
公式LINEにご登録いただきますと1対1のプライベートトークができるので、こちらでもコメント受付しています↓
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました